ホーム > 2×4

SELBEE 2×4 住宅

自由設計と住宅への徹底したこだわり 「ツーバイフォー住宅」

ツーバイフォー住宅は、19世紀初めのアメリカ開拓時代に生まれ、北米やヨーロッパを中心に今や世界の住宅のグローバルスタンダードになっています。
ツーバイフォー(2×4)という名前の由来は、使用する構造用製材として、2インチ×4インチの木材が最も多いためで、日本には明治時代に伝わり、あの札幌時計台もその時に建てられました。
その高い評価の理由は、断熱性や気密性に優れた木の持つ性能を最大限に生かす工法であること。そして何よりも床・壁・屋根が一体化した六面体で家を支える、強固な「面構造」が特徴。それ自体が、耐久・耐火・耐震性に優れた構造となっているうえ、木が持つ本来の性能と相まって、さらに揺るぎないものになっています。
しかも設計の自由度は極めて高く、また、将来的な増改築にもフレキシブルに対応。
家族の成長やライフスタイルの変化に合わせ、永く住み続けることが可能です。
北米では、日常的に補修、改築が繰り返され、100年もの長い間住み継がれる家も珍しくありません。地震や台風などの自然災害から住まいを守りつつ、暮らしの可能性を広げる。
それがセルビーツーバイフォー住宅なのです。

2×4イメージ

  • 木の特性
  • 耐震性
  • 耐火性
  • 断熱性
  • 基礎
  • 保証

一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会

セルビーハウジングは一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会の登録会員です。