赤穂市 K様邸

子どもの頃から憧れ続けた情緒あふれるプロヴァンススタイルの家

11_main_img

 セルビーハウジングさんの建てた家を初めて見たのは、もう20年ほど前のことになります。子どもの頃にお邪魔した同級生の家が「お城のよう」でとても驚きました。それ以来、南欧風の家に憧れ続けていて、いざ家づくりを始めるにあたり「私の理想の住まいをつくれるのは、セルビーさんしか考えられない」とお願いしました。

11_img02
家づくりで大切にしたのは、「周囲に気を遣うことなく、子育てできる住環境づくり」でした。外からは程よく視線を遮りつつ、室内はとても開放的な空間をつくっていただき、とても快適です。陽当りも良好で、家族がのびのびと暮らせています。
11_img03
ステンドグラスが出迎える玄関。扉を開けるとシューズクローク、パントリー、洗面へと一直線に続いているので、買い物帰りの片付けはとても便利です。

11_img04
六角形に張り出したリビングの一面に全開口のサッシを設けて、タイルテラスとフラットに繋げました。道路沿いなのですが、ウッドフェンスで程よく外部からの視線も遮られるので、心置きなく家族団らんを楽しめます。
11_img05
インポートの建具やステンドグラスなど細部までコーディネートされ、想像していた通りのプロヴァンス風の住まいが実現しました。

11_img06
キッチン横の和室は子どもの絶好の遊び場。家事中も様子がうかがえ安心です。
11_img07
一枚板の造作カウンターや大胆なタイル使いで、トイレもアンティークに。

相生市 K様邸

どこにいても家族の気配を感じられるこだわりが詰まったミニマムな家。

10_main_img

 主人の頭の中には、「こんな家にしたい」というイメージが明確にありました。それを実現できる住宅会社を探して何社も回りましたが、なかなか上手く表現できず、伝えられずにいたんです。そんな中、セルビーハウジングの尾ノ井さんだけが、私たちのやりたいことを理解して下さいました。実は、他社さんに決まりかけていたのですが、私たちの理想の家を建てられるのは尾ノ井さんしかいないと思い、依頼を決めました。

10_img02
リビング上部は階段スペースも含めた大きな吹抜けになっており、1・2階の一体感も抜群だ。コンパクトゆえの距離感も絶妙で、家事中でも、子供の気配を感じられる空間です。
10_img03
料理好きのご主人が選んだ、シンプルなステンレスキッチン。

10_img04
空間に繋がりを持たせる為、2階ホールにはオープン手摺を採用しました。
10_img05
漆喰の調湿性や無垢材の蓄熱性、吸放湿性。素材の特性が活きる室内は「夏は涼しく、冬は暖かい」と居住感も良好。

10_img06
北側にある子供部屋にはトップライトを配置。光を取り入れるとともに、熱気を逃がす通気の役割も果たす。
10_img07
建具にも天然木を採用。デザインやカラーで遊び心もプラス。

赤穂市 Y様邸

好きなことを楽しみながら家族が心地よく暮らせる家。

09_main_img

 知り合いがセルビーさんで家を建てていて気になっていましたが、他の住宅会社も見て回りました。まず家を建てる土地がなかったので土地探しから…と思っていましたが、他の住宅会社さんは見学会や家の案内ばかり…でもセルビーさんはいち早く土地探しに動いてくれました。妻もセルビーさんの建てるお家の外観デザインがとても気になっていて、ずっと建てるならセルビーさんがいいな…と思っていたようです。
僕たちが思い描いていたとおりの家を建てることができ、セルビーさんにお願いしてとても満足しています。

09_img02
リビングの天井を高くしたので、より広く感じます。
09_img03
キッチン横に収納たっぷりのパントリーがあり、お米やお酒などがストックでき、リビングからは見えないのでとても便利です。

09_img04
玄関の吹抜。窓からの光で明るく、シューズクローク上の瓦など遊び心がある造りになりました。
09_img05
2階の子供部屋ですが、将来2部屋に分けられるようにしました。今は子供も小さいので広々と使っています。

09_img06
お気に入りの書斎。天井までたっぷり収納できる本棚とベランダからの光でとても明るく快適な空間です。
09_img07
書斎と寝室から出られる広々としたバルコニー。天気の良い日にはテーブルを出してお茶を楽しめます。洗濯干し部分は屋根付となっているので急な雨でも安心です。

赤穂市 Y様邸

それぞれがお気に入りの場所に居ても自然と家族がつながる家。

08_main_img

 主人の友人がセルビーさんで建てていたのがきっかけです。地元での信頼も厚く、HPの施主さんの声を見ていても好感が持てました。セルビーさんは営業ではなく設計士さんが対応なので無駄なく、良いものダメなものを正直に伝えてくれました。当初はハウスメーカーも見て回る予定でしたが、気がつけばセルビーさん以外考えられなくなっていました。

08_img02
据付のニッチには独身の頃から少しずつ集めた北欧雑貨や食器をディスプレイしています。
08_img03
キッチンカウンターのタイルはママが選んだお気に入り。たためるカウンターも来客時に便利です。

08_img04
リビング階段のスキップフロア。吹抜になっていて2階から降り注ぐ光がとても気持ちいいです。
08_img05
今はパソコンスペースとしていますが、子供たちが小学生になったら宿題や読書をするスペースにと考えています。目の行き届くリビング内でありながら集中できる場所。作ってよかったです。

08_img06
パパのお気に入りの和室。小上がり部分の収納スペースに好きなマンガを並べています。畳の上でゆっくりマンガを読むときが幸せです。

08_img07
2階の子供部屋には扉のないオープンスペース。子供たちものびのび遊んでいます。

太子町 M様邸

古材の曲線に漆喰のコテ仕上げにこだわった唯一無二の家。

 「家づくり」を考え始めたのは、2年前のセルビーさんの見学会からでした。「こんな素敵な家に家族で暮らしたい^^。」と、本当に思いました。その後、いろいろな住宅展示場を訪れ勉強し他社とも最終段階まで比較しましたが、やっぱりセルビーさんの家が自分達らしく、またこれまでの住宅にない発想やデザインに強い感銘を受け、お願いすることにしました。
打ち合わせでは、夫婦の好みはもちろん、住んでいたハイツのインテリアまで確認、そのテイストをわかってもらった上で住まいづくりのご提案をいただきました。
驚きの提案は、古材の丸太をスライスした板を加工し各所に使用してくれたこと。その空間はオリジナリティ溢れるものに仕上がりました。
実際の話なんですが、「夢ノート」という家づくりの為の覚書や想いを記したノートを妻と一緒に作っていたんですね。色々と描いたり貼ったりとしたノートも実際の家づくりがはじまるにつれ、あえて見ることもなかったのですが、家の完成後なんとなく見返して驚きました。なんと、ほとんどが夢ノート通りになっていたんです。本当に驚くと共にセルビーさんで良かったと思った瞬間でした。


リビングからウッドデッキを通して見える“小さな菜園”(笑)。
アクセントとして効いている赤いポストもこだわりのオリジナルです。

あえてオープンなシューズクローク。整列した靴達もかわいい、このぐらいが普段づかいに快適です。おかげで玄関先もスッキリ。


木の自然な曲線が活きたドア枠に、同じくオリジナルでつくってもらった木製のドア。このこだわりはさすがセルビーさん!雑貨は赤穂に有るインテリアショップセルビーで購入!

わが家自慢のLDKです。天井はもちろん階段板一枚一枚もひとつの丸太から切りだされた本物の木なんです。家具やアイアン・雑貨などの色合いと白漆喰のコントラストがお気に入りです。


壁のカラータイルがアクセントの洗面台も限られた予算内で苦労して作り上げたこだわりの逸品。使い勝手とオリジナリティーの両方の夢をかなえてもらいました!
8J3A1053
2階の子供部屋は、子供たちが女の子と言う事も有り、他の部屋とは対照的に明るい色合いにデザインしてもらいました。今はおもちゃでいっぱいですが、大きくなったらここで勉強してくれるのでしょうか(笑

赤穂市 Y様邸

異国情緒漂うスパニッシュスタイルの家。

8J3A0841

 当初、妻の言う「カントリー風の家が好き!」の意味がよくわからなかったのですが、家族でいろいろと住宅展示場や、照明やタイルの専門店、雑貨店などを見て回り、「なるほど、これがカントリー風なのか!」と、今では私もすっかりカントリー好きになってしまいました。
こだわるという意味では、ステンドグラスを買う為だけに岡山へ行ったり、タイルを見に大阪へ、キッチンの打合せに神戸まで等、数少ない休日のほとんどを家創りの為に費やしましたが、逆にそれが趣味と実益を兼ね備えた家族の休日の過ごし方となっていました。そんな自分たちの断片的なこだわりを、セルビーさんはトータルに判断しコーディネートしてくれたので本当に良かったです。
私個人の意見として「名高いハウスメーカーさんは良いけれども、変更が効きにくいし、正直高価すぎる!」。 一方でセルビーさんは自由度も高く、ここまでこだわってこの価格は本当に妥当だと思ったと同時に、同じ予算内で家を建てるなら絶対セルビーさんだろう!とも思いました。


家族やリビングを見渡せる対面式キッチン。
大好きな雑貨を飾り“ちょっとしたカフェ気分”を毎日楽しんでいます。

こだわった白漆喰と白の輸入建具に、ペンダントライトが作り出す陰影のコントラストが気に入っています。程よい暗さの中にも温かさの有る空間に仕上がったと思っています。


忙しい仕事から帰宅し、ふっとソファーに座った時に見える空間は、無垢材のフローリングにアーチが綺麗な白漆喰をベースに、どのパーツを見てもお気に入りで、心からくつろげる空間に仕上がったといつも思っています。


セルビーさんの実績集で見つけたお気に入りの壁時計。この家が始まった時から、そしてこれからも家族の時を刻んでほしいとこだわった逸品です。

トイレ内の手洗いも陶器とブラスの組合せ。いろいろなアイデアと「こだわり」が折り重なって今の住まいが生まれたのだと思っています。

LINE@はじめました!

セルビーハウジングのLINE@を開設しました。
こちらでは、イベントのお知らせなどお得な情報をお届けしていきます。
LINEを使っている方はぜひ登録してみてください。スマートフォンから友だち追加することができます。

☆友だち追加☆
下記の方法どちらかで友だち追加ができます。
※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

1.QRコード読み取り
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択し
QRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択し
下記IDを入力し検索して頂くと友だち追加できます。

ID:@vsb1346r

line@_img