相生市 K様邸

どこにいても家族の気配を感じられるこだわりが詰まったミニマムな家。

10_main_img

 主人の頭の中には、「こんな家にしたい」というイメージが明確にありました。それを実現できる住宅会社を探して何社も回りましたが、なかなか上手く表現できず、伝えられずにいたんです。そんな中、セルビーハウジングの尾ノ井さんだけが、私たちのやりたいことを理解して下さいました。実は、他社さんに決まりかけていたのですが、私たちの理想の家を建てられるのは尾ノ井さんしかいないと思い、依頼を決めました。

10_img02
リビング上部は階段スペースも含めた大きな吹抜けになっており、1・2階の一体感も抜群だ。コンパクトゆえの距離感も絶妙で、家事中でも、子供の気配を感じられる空間です。
10_img03
料理好きのご主人が選んだ、シンプルなステンレスキッチン。

10_img04
空間に繋がりを持たせる為、2階ホールにはオープン手摺を採用しました。
10_img05
漆喰の調湿性や無垢材の蓄熱性、吸放湿性。素材の特性が活きる室内は「夏は涼しく、冬は暖かい」と居住感も良好。

10_img06
北側にある子供部屋にはトップライトを配置。光を取り入れるとともに、熱気を逃がす通気の役割も果たす。
10_img07
建具にも天然木を採用。デザインやカラーで遊び心もプラス。

コメントは受け付けていません。