姫路市書写 O様邸

赤いレンガとハーフティンバーが美しい、チューダー様式の家

06_main_img

私は、イギリス風の個性的な住まいを夢見ておりました。
いろいろと輸入住宅メーカーさんを訪ねてはモデルハウスを見学しましたが、「一から自分たちが住まいづくりに参加できるメーカーさん」はセルビーさんだけでした。また営業マンさんを介さず、直接設計士さんとコミュニケーションが図れたことは大変有意義でした。
輸入家具を買う段階からご一緒してもらい、その家具にあった家の造りや雰囲気づくりをご提案いただきました。
加えて、デザインにこだわるところには海外の部材、キッチンや水廻りなど機能性が大事なところには国産の部材をと使う部材にも適性や予算の緩急をつけ予算内に収まるよう計らってくれたことは大変ありがたいことでした。
私たちが見落としがちな数十年後のメンテナンス費用までも考慮いただける心配りに感謝です。

06_img01
白い壁に骨組みの梁や柱のブラウンが特徴のハーフティンバースタイル。伝統的なチューダー様式のこの構えと雰囲気がステキです。
06_img02
赤いレンガが特徴的。重厚なこのエントランスは主人もお気に入り。

06_img03
玄関を入ると大きな吹き抜けが出迎えてくれます。アイアンの手すりは私のこだわりのひとつ。
06_img04
出来る限り間仕切りのない大きな空間をリクエストし、実現。まるで海外の家と見紛うほどの出来の良さが自慢。空調は全館空調で年間を通して快適な温度を保ってくれます。

06_img05
どうです!この拡がりある吹き抜けの空間!明るいリビングは、毎日の日差しで季節も感じられます。
06_img06
床材は使い勝手も考えて、店舗などに使われるフロアタイルを採用。石のタイルだと冬の冷え込みが厳しいとセルビーさんのご提案に沿いました。

コメントは受け付けていません。