赤穂市 Y様邸

異国情緒漂うスパニッシュスタイルの家。

8J3A0841

 当初、妻の言う「カントリー風の家が好き!」の意味がよくわからなかったのですが、家族でいろいろと住宅展示場や、照明やタイルの専門店、雑貨店などを見て回り、「なるほど、これがカントリー風なのか!」と、今では私もすっかりカントリー好きになってしまいました。
こだわるという意味では、ステンドグラスを買う為だけに岡山へ行ったり、タイルを見に大阪へ、キッチンの打合せに神戸まで等、数少ない休日のほとんどを家創りの為に費やしましたが、逆にそれが趣味と実益を兼ね備えた家族の休日の過ごし方となっていました。そんな自分たちの断片的なこだわりを、セルビーさんはトータルに判断しコーディネートしてくれたので本当に良かったです。
私個人の意見として「名高いハウスメーカーさんは良いけれども、変更が効きにくいし、正直高価すぎる!」。 一方でセルビーさんは自由度も高く、ここまでこだわってこの価格は本当に妥当だと思ったと同時に、同じ予算内で家を建てるなら絶対セルビーさんだろう!とも思いました。


家族やリビングを見渡せる対面式キッチン。
大好きな雑貨を飾り“ちょっとしたカフェ気分”を毎日楽しんでいます。

こだわった白漆喰と白の輸入建具に、ペンダントライトが作り出す陰影のコントラストが気に入っています。程よい暗さの中にも温かさの有る空間に仕上がったと思っています。


忙しい仕事から帰宅し、ふっとソファーに座った時に見える空間は、無垢材のフローリングにアーチが綺麗な白漆喰をベースに、どのパーツを見てもお気に入りで、心からくつろげる空間に仕上がったといつも思っています。


セルビーさんの実績集で見つけたお気に入りの壁時計。この家が始まった時から、そしてこれからも家族の時を刻んでほしいとこだわった逸品です。

トイレ内の手洗いも陶器とブラスの組合せ。いろいろなアイデアと「こだわり」が折り重なって今の住まいが生まれたのだと思っています。

コメントは受け付けていません。